FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衝撃的なことだった

とりあえず本当にあった話なのできいてほしい


↓↓
出会いがしらに私は突然「それ」を穴にさしこんだ。

彼女がその気になってくれたのを確認し、
淡いピンク色の突起を指でやさしくなぞり
軽く中指で押してみる。

彼女のそれは押されてへこみ
体には電気が駆け巡ったように反応する。

俺「あぁ・・・すごいいいよぉ・・・。」

滑らかな肌触りに小さくもしっかりとした硬さをもつ突起。
1つだけでなく2つめの、これもまた淡いピンク色の突起を今度は優しく何度も何度も何度も何度もなでていく・・・。

そのたびに彼女の体には電気がはしったように反応する。

俺「あぁ、反応してくれるんだね。うれしいよ。」

だんだんと彼女の体全体がほてり始め
喘ぎ声も出始めた。

さらに突起を撫で続けると
一定のリズムで声が大きくなったり小さくなったりし始めた。

俺「おや?ここがいいのかい?
   それともこっちのほうがいいかい?」

すこし意地悪気味に彼女をせめはじめる。

するとどうだろう。
彼女の体が震えはじめてしまった。
緊張しているのだろうか・・・。

私は彼女を自分のほうへと抱き寄せ
優しく頭をゆっくりなでた。

今度は恥ずかしがってしまったのか
首をふるふると振るりはじめた・・・。

そのしぐさを見た私は、あまりにもかわいすぎる光景に我慢が出来ず、つよく抱きしめた。

一定時間抱きしめたあとさらにやわらかいふくらみの突起を2度3度撫でたり押したりしていじった。

そのたびに首を早く振ったり、体に電気を走らせる彼女の姿を見て、
とうとう我慢できなくなった私は・・・




















クーラーをつけることにした。


以上 扇風機(♀、14歳)の話 でした。

突起 → ボタン(電源 入/切 リズム タイマー 風量)
頭を撫でる → 首振りのON OFF
喘ぎ声 → リズム
ほてり → モーターの熱
震え → モーターの振動
差し込んだ「それ」 → コンセント


マジ俺病気だろwww
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
出会いがしらに私は突然「それ」を穴にさしこんだ。

彼女がその気になってくれたのを確認し、
淡いピンク色の突起を指でやさしくなぞり
軽く中指で押してみる。

彼女のそれは押されてへこみ
体には電気が駆け巡ったように反応する。

俺「あぁ・・・すごいいいよぉ・・・。」

滑らかな肌触りに小さくもしっかりとした硬さをもつ突起。
1つだけでなく2つめの、これもまた淡いピンク色の突起を今度は優しく何度も何度も何度も何度もなでていく・・・。

そのたびに彼女の体には電気がはしったように反応する。

俺「あぁ、反応してくれるんだね。うれしいよ。」

だんだんと彼女の体全体がほてり始め
喘ぎ声も出始めた。

さらに突起を撫で続けると
一定のリズムで声が大きくなったり小さくなったりし始めた。

俺「おや?ここがいいのかい?
   それともこっちのほうがいいかい?」

すこし意地悪気味に彼女をせめはじめる。

するとどうだろう。
彼女の体が震えはじめてしまった。
緊張しているのだろうか・・・。

私は彼女を自分のほうへと抱き寄せ
優しく頭をゆっくりなでた。

今度は恥ずかしがってしまったのか
首をふるふると振るりはじめた・・・。

そのしぐさを見た私は、あまりにもかわいすぎる光景に我慢が出来ず、つよく抱きしめた。

一定時間抱きしめたあとさらにやわらかいふくらみの突起を2度3度撫でたり押したりしていじった。

そのたびに首を早く振ったり、体に電気を走らせる彼女の姿を見て、
とうとう我慢できなくなった私は・・・




















クーラーをつけることにした。


以上 扇風機(♀、14歳)の話 でした。

突起 → ボタン(電源 入/切 リズム タイマー 風量)
頭を撫でる → 首振りのON OFF
喘ぎ声 → リズム
ほてり → モーターの熱
震え → モーターの振動
差し込んだ「それ」 → コンセント


マジ俺病気だろwww
スポンサーサイト

【2010/09/10 23:35】 | 日記
トラックバック(0) |


きよぷーさん
どうしようもないくらいの病気それ…

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どうしようもないくらいの病気それ…
2010/09/12(Sun) 21:29 | URL  | きよぷーさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。