FC2ブログ

かーなり前
もう7年か8年くらい前の話だが

とにかく優しく
気の配れる人になろうと誓った。
自分にちかった。

それ以来人にちょっと手をかしたり
頼みごとをされても殆ど断ったりせずにやってきた。

そのたびに感謝の言葉を述べられて
その都度俺はうれしかった。

いつしかこれが癖になり
些細なことでも手をかして
小さなことでも感謝を述べるようにした。

最上級の感謝の言葉は「愛してる」にした。

↓頭が爆発しそうだ。↓


1日1善を心がけてはや7年か8年。
あることがきっかけだったがそこはどうでもいい。
実現できなかったら翌日に2善、3善。
きっかけは本当にどうでもいい。

いくらでも続いたこの生活。

今日はお隣の人が落としたペンをひろって差し出した。

講義室に置きっぱなしだった定期券を渡した。

どちらも「ありがとう」を言ってくれた。

私はそれだけでうれしかった。


スーパーへ買い物へ行った

階段をベビーカー持ち上げて上る女性を見つけた。

駆け寄って一緒に持ち上げ
階段の最上段まで上ったところで
女性は私を流し目で見て何も言わずにスタスタと店内へ歩いていった。

おかしいな

いつもの感覚が来ない。

あぁ、そうか
ありがとうを言われてないからか


どうやらその女性はしてもらって当然と思っているらしい。

そういう人を見ると二度と善動をしたいと思わなくなる。

それでも私は自分に誓ったことだから続ける。

でもやる気は殺がれる。

頼むから

たった一言でいいから

ありがとうを言って欲しい。
「ありがとう」じゃなくても
「どうも」とか「あざーす」とか
そういう言葉でも構わないから
感謝を述べて欲しい。


たった一言でいいから
言ってください。

言った分だけいい人が増えます。
言われた分だけいい人が増えます。
言わなかった分だけいい人が減ります。
言われなかった分だけいい人が減ります。

そんな気がします。


イライラしてるわけじゃないけども
感謝が述べられない人はどうかしてると思うよ。

俺おかしいかな・・・。
ダメだ
頭痛いし気分悪くなってきた。
コメント無いけどもそれはどうでもいいや。
あんま面白い記事とか書いてないのに足運んでくれてありがとね。

次はまともなこと書くよ。
スポンサーサイト





追記を閉じる▲

1日1善を心がけてはや7年か8年。
あることがきっかけだったがそこはどうでもいい。
実現できなかったら翌日に2善、3善。
きっかけは本当にどうでもいい。

いくらでも続いたこの生活。

今日はお隣の人が落としたペンをひろって差し出した。

講義室に置きっぱなしだった定期券を渡した。

どちらも「ありがとう」を言ってくれた。

私はそれだけでうれしかった。


スーパーへ買い物へ行った

階段をベビーカー持ち上げて上る女性を見つけた。

駆け寄って一緒に持ち上げ
階段の最上段まで上ったところで
女性は私を流し目で見て何も言わずにスタスタと店内へ歩いていった。

おかしいな

いつもの感覚が来ない。

あぁ、そうか
ありがとうを言われてないからか


どうやらその女性はしてもらって当然と思っているらしい。

そういう人を見ると二度と善動をしたいと思わなくなる。

それでも私は自分に誓ったことだから続ける。

でもやる気は殺がれる。

頼むから

たった一言でいいから

ありがとうを言って欲しい。
「ありがとう」じゃなくても
「どうも」とか「あざーす」とか
そういう言葉でも構わないから
感謝を述べて欲しい。


たった一言でいいから
言ってください。

言った分だけいい人が増えます。
言われた分だけいい人が増えます。
言わなかった分だけいい人が減ります。
言われなかった分だけいい人が減ります。

そんな気がします。


イライラしてるわけじゃないけども
感謝が述べられない人はどうかしてると思うよ。

俺おかしいかな・・・。
ダメだ
頭痛いし気分悪くなってきた。
コメント無いけどもそれはどうでもいいや。
あんま面白い記事とか書いてないのに足運んでくれてありがとね。

次はまともなこと書くよ。
スポンサーサイト




【2010/09/28 00:29】 | 日記
トラックバック(0) |


タサ
「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない人は、そのうち周りから見放されるんだろうなぁ、と思ってる・・・。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない人は、そのうち周りから見放されるんだろうなぁ、と思ってる・・・。
2010/09/29(Wed) 23:15 | URL  | タサ #rqokuh8g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック