FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




そうなりそうだから


これから頑張って更新するさね。



どうもアセロリです


いろんな事があったこの数日間。

たまには文がものっそい多い更新も
わるくないかな。

いま文書き終わったけど
ものっそい長いけど覚悟してなw
とりあえず→のバーは見ない方がいいかもw
んじゃ


↓全部読んでくれるかな?「いいとも!」↓


さて

前回の更新からなかなか日数がたってるけども
とりあえず

みんなお待ちかね
クリスマス イブと クリスマス当日

俺がどこで何をしていたか気になるだろう?w


まずそのまえに23日に俺の携帯電話に届いたメールのうち
クリスマスのお誘いともみえたメールの件数


9件wwwwwwwうはwwwwおkwwww



そのうちの女性からの単独お誘いメール件数



5件wwwwwwうはwwwおkwwww



で、俺からのメール


「わりぃ、おれ仕事入ってんねん^^;」


ぐふふ

みんなごめんねw
嘘じゃないからw




24日の朝。



朝7時に起きなければならないのに朝6時まで女友達とメールしてた馬鹿です(笑)


朝7時
前日のうちから仕込みをしていたケーキの土台を冷蔵庫から取り出し、
ショートケーキを作りますw

画像がないんでねー

文章で想像してくれ



スポンジから作ってもよかったんだけど
それだとなかなか時間かかるし
しっぱいするとパサッとしちゃって
生クリームのノリがわるくなるんで
市販のやつを買ってきます

でも
市販のスポンジは
卑怯なことに薄いつくりになってるんだよ
そこに生クリームやフルーツのせると
スポンジが水分負けしちゃって
でろっとした食感になるんで
それを合計4つ購入しました(ネットで)




作り方としえ

底の浅い調理用ボールありますよね?
底の大きさに合わせてスポンジを切り
生クリームを敷きつめ
フルーツを乗せならべ、またクリームを敷き
スポンジを乗せる
これの繰り返しをしてボールがすり切りいっぱいにまでなったら
これをうまい具合にひっくり返して
ボールをとります
するとどうだろうか

ドーム状の横しまサンドができるじゃないかw

そいつに


「手で」あわだてた生クリームをきれいに塗り
たてしまを付け

へたを取ったイチゴを半分に切り
デコレーションをして
均等な大きさに切り


20091224クリスマスケーキ


ほい完成。


ね、簡単でしょ?w


んで
これを車に積んで

いとこの家へ。


いとこの家に着き

おばーちゃんと年より臭いはなしを
俺が主になって盛り上げて←ここ重要
小2時間ほど話込んで
中学3年生のいとこがどこかから帰宅し

いとこ:ガサゴソガサゴ・・・


俺「何してん?」


いとこ「んー・・・PSP探してる・・・



俺「ほぉ、なくしたん?」


いとこ「いや、たぶん・・・



たぶん、おばあちゃんが隠した」




俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



いとこ「たぶんゲームばっかりやってたからかなw
     ま、いつものことで。」




俺「いっしょに探したらぁw」


と小1時間さがして 見つからず・・・

ここで

母親「そろそろ帰らないとご飯つくれないー」


と言われたので
あきらめて帰宅。


で家について
ご飯つくれないー とか言ってたから母親つくるものだとおもってたら

親父を忘年会に車で送らねばならないとか・・・

俺が送ろうか?とか言ったけど
場所がわからん上に入り組んでるからご飯作っててくれと・・・




さっき自分で作るゆーたのに信じられへんな!w


ま、きらめて

この日はカニ鍋を作り
クリスマスイブなのにケーキしかない
チキンもなんにもないイブの晩でしたw



翌日
25日 クリスマス当日



ターサ→俺 へのメール
「さて、クリスマスなわけだが・・・暇?」


俺→ターサ
「俺明日からスノボーサークルで合宿に行くから
それに必要なものの買い物にいかなあかんで暇ちゃうわー」

そうです

26日から合宿行ってきたんですけど
それはまた@の話で。


というわけで

25日はジャスコにて
手袋や帽子やネックなどの滑るのに必要なものや
お酒とかお菓子とか



おもに夜必要なものとか



買ってまいりまして

この日クリスマス的なチキンを食べましたw

そして夜にはアパートに戻り
アパートで寝ましたw



翌日26日



スノボーの合宿には
大学にPM.11:00 に集合して バスで出発





この日俺の起床時間


AM.9:00



おいおい、どんだけいい子なんだよ


そして俺に何をしていろと言うんだよ(笑)


とりあえずドラム缶のような
ばかでかい鞄に

ウェアーや着替えなどの必要最低限の物から

酒 菓子 本 ゲーム などの不必要すぎて笑えるものまで持って
時計を見る

PM.1:00

何をしよう・・・



とりあえずWiiを起動してマリオカートをする


俺「・・・CP超弱い・・・これで強いの設定なのか。
                任天堂なめとるだろ」

それでも走る俺。


俺「・・・」

・・・

・・・

・・・


・・・ッハ!!


ゲシュタルト崩壊起こしそうになったよ マジでw


そうしてるうちに夕方になり
PCでネトゲやってたら

一緒に合宿に行く友達からメール


Y君
「いまからそっちのアパート行っていい?
 一人だとたぶん寝ちゃうよこれ。   」


俺「おk かもん!w」


でY君とテレビみて
時間なったから大学へ行き
バスに乗り出発!

バスは大型バス1台で済んだけど
よく見ると補助席に4人ほど・・・
窮屈やねー

「 滑る前から痔になってまうでww 」

とか言ってる先輩もいたなぁ・・・w
後輩に席ゆずるとかどんだけいい人やー?とか思ったよ



Y君と隣になって座って
はじめ1時間くらい一人でおれはしゃべってたけど
Y君
「そろそろ寝るべきじゃね?まわりだいぶ静かなってきた」

俺「せやなwじゃーねるかw」


で俺は3分もしないくらいで寝れて

ちょっとした休憩所に到着し
トイレ休憩や飲み物食べ物の補給をして
出発

俺「Y君ねれた?w」

Y君「一睡もできなかった・・・次こそ寝る・・・」


とか言うのを3回くらい続けて




27日 スキー場到着



朝 5:45

俺起きてPSPやり始める

周りもPSPやってる

ひと狩りしにいく

Y君起きてる

俺「おっはーw」

Y君「俺寝てない・・・」

俺「・・・お、おっはーw」


Y君「おやすみ」


AM.7:00

運転手

 それでは今から荷物の方を降ろしますので
 降ろしましたら旅館まで持っていってください
                       」

道が細く、入り組んでて
バス入れないんだとさw

しゃーないから持って行き
どんな旅館かちょっと期待してたら

こじんまり そしてボロッ・・・

ま、値段も値段だ 我慢しよう


部長
「とりあえず仮だけど
 このメンバーで部屋わりねw
 いちおう貸切だから どの部屋いってもいいけど
 女の子を襲うとかそういうのは無しねw」

部員一同「ぃーっす!」


部長「んじゃ 解散! 9:00にロビーにきてね!w」



俺の部屋は
3人で寝る部屋に9人押し込まれて

俺「ま、これは仮のメンバーだし
  どっか部屋あいてるだろうから散り散りになるだろうて。
 
  でもなんか 滑るとき誰がどこにいるかとかを
  把握しなきゃいけないらしいから
  とりあえずメアド交換だけしましょ。」

と軽く仕切って交換し
みんな1年ということで仲よしこよしにw

そして

9:00
ウェアーに着替え
準備万端でロビーへ

俺はスキーは一式もってるけど
ボードは初挑戦だったので
とりあえずレンタル。

靴と板を借りて
スタコラサッサとあるくこと軽く10分www

滑る前に疲れちゃうwww

やっとの思いでゲレンデ↓へ到着。


部長
「んじゃ、リフト券貰ったら解散ね!午後4時にはここにくること!
 ナイターやる人はまたあとで話する! んじゃ! みんな頑張って!
  初心者も、見よう見まねで頑張って!いけるいける!w」

俺「これくいらいフリーダムだとやっぱやっていける気がするよな(笑)」

でゴンドラに乗り山の中腹へ。

はじめは板を付けて

ま、スキー十数年やってんだ できるだろう

とか思って立ってみたら



2秒で転倒



俺「!?」

Y君も1秒前後で転倒

Y君「!?」


俺「スキーと全然違うぞww ちょっとイメトレしよう!w」


周りを観察して 悩むこと5分


俺「おk もう滑れるw」


そして宣言通り

ズ、ズサ、ズサササーーーーーーーーーーーー


俺「ほれ!ゆったみ!w」


Y君「んじゃ俺も!」


ズ、ズサーーーーザッザザッゴロゴロ…

俺「wwwwwwwwwwwwww」

Y君「くっそー」


俺「慣れるまで頑張ろうぜw」


と、いい 一緒にさーさー滑り

なんとか形になったところで昼飯。

昼飯なのに
俺「ケツ痛ってぇwwwサポーターなかったら痔になるwww」
Y君「だねwww」
と会話をして

その後も滑り
眠気が限界に来ていたので

1時間ほど昼寝。

そして再度滑りに滑って

集合時間の4時

しっかり集合して

部長
「みんないるねー?」

部員一同「ぅぃーっす」

部長「とりあえずグループの人だけ確認して、メンバーそろったところから各自旅館もどってー」


部員一同「ぅぃーっす」





俺のところはちゃんといたので
即帰。

帰宅途中
一緒にいた部員の女の子1年生が
車にひかれそうだったので
肩を手に取り

俺「轢かれるよ?」

と、言いながら道の隅へ。

女子部員「あ、ありがとうございます」

その後も
「車後ろから来てる」

とかなんとか何回か言った気がするw

そして着替えて
期待とは裏腹すぎる晩飯

これは@でコンビニ行かねばな と心の中で呟いて完食。

飯食ってる最中に女子部員からチラチラと視線をうけたが
たぶん帰り道で助けたことが相当部屋でネタとして盛り上がったのか
5人くらいがずっとチラ見してきたが
総スルーした つもりw
食堂でるときに
女子部員に「あの、何て名前です?」と聞かれたので
俺「アセロラです」と答えたら
女子部員「あぁ、あなたが・・・wそっ♪ひきとめてごめんねw」

俺「いえいえ・・・?」

ま、気にせずに

部屋へ戻り
厚着をして コンビニへ
菓子と飲み物 お酒も買えたので 購入して
旅館へ。

変えるとお風呂に入りに行くところの女の子に話しかけられて


女子部員A「あ、噂のアセロラ君じゃないw コンビニいってたの?」

俺「?? あー、酒もあるからつまみもいると思ってねw」

女子部員A「お酒あるの!?いいなー・・・」

俺「飲みに来る?あざみ って部屋にいるから
           適当な時間においでんw」



軽く そしてうまい感じに誘い

俺もお風呂へ
大浴場はちょうどすいていたので
ちょっくら泳いで帰ってきたwww

なかなかお風呂の温度が熱かったのか
みんなそそくさと出ていくw
俺は実家では 常に42度の温度の湯なので
どってことなく20分浸かって
あざみ部屋へ。

狭い部屋に男9人なので それなりのにおいがしたけども
みんな風呂上りだからなんとかなって

さっきの女子部員Aが部屋へ

女子部員A「あ、ねぇねぇお酒あるんだよね?」

俺「あるけども
  ぶっちゃけ俺一人でのんで寝るつもりだったから
   そんなに量はないよ?」
と言いながらビンを2本。

それを見たルームメイトは
「酒買いに行くかああああああああああああああああwwwwwwwwwww」


俺「お、せやなw 買いに行くか!w」




酒缶 16本買ってきまして

女の子も1人増え
先輩も3人増えて
合計14人で3人部屋を使い
飲みに飲んで
盛り上がり
自己紹介後にそうとうはしゃぎました
自己紹介は
名前と学年と学部と
好きな異性のタイプと好きなAV女優の名前を言うこと。


ん?
え、AV女優かw



たくさん知ってるけど黙っていようかなwww

先輩A「わからんかったら好きなタイプでもいいよ」

俺「え、それだと異性とのやつとかぶりませんか?」

あ、まさか・・・・

先輩A「いやいや、プレイとか 動画ジャンルとかあるでしょw」

俺「あー・・・それはそれは なかなかいいところ突きますねwww」

先輩A「んじゃー アセロラ君 どうぞーw」

俺「んー・・・そうですねぇ・・・」

先輩B「ついでに好きな有名人 芸能人もよろw」

先輩A「お、いいねw んじゃアセロラ君から追加ね!w」

俺「はいw んじゃぁ まずジャンルから・・・」

周りシーン・・・

俺「ジャンルとしては 素人 ですかねw
  親近感持てるってのもあるんですけど
  8割9割が愛情をもった者同士でしてるじゃないですか
  そこにしびれる憧れるっすねw」


先輩C「おおw ジョジョwww ちょっといい酒のめそうじゃーん?w」

先輩B「芸能人 有名人は?」

俺「そーですねー 僕、お天気おねーさん大好きなんですよ」


一同「うぃーwww」


先輩A「だれが好き?w」

俺「二人いるんですけど
  一人はみなさんご存じの愛ちゃんですねw
  彼女はもう マジで天使っすよwww
  もう一人は 根元って言って
  みのもんた の朝の番組で天気やってる人です」

先輩B「愛ちゃんはわかるけど 根元ってどんなん?」

俺「んーと・・・」

先輩A「まぁまて、俺がいまからググってやるw」
とアイフォンでググって画像がでる

一同「ほぉ・・・これはなかなか」等々。




他の1年も2年も3年も女子も自己紹介が終わったところで
定番
この部屋の中で彼氏にするなら?を女子部員にぶつける

これは流れちゃったけど
部分的なタイプとかでは俺が入ってて
心の中では「ま、当然かな」とか思ってたけど
口では「なんかもう 恐縮ですw」とか言ってたw

で、トイレとかで席とか立ったりしてて
いつの間にか席がかわってたりして
次に異性のぐっとくるしぐさに話題が移り

髪の毛を掻き上げるとか
よくあることをみんながいう中で



俺「そーですねー・・・
  香水とかを付けるしぐさですかねー」

一部男子「うはwwwわかるそれwwww」


先輩A「え、それってどんなしぐさ?」

俺「こう・・・・
  手首につけて 両手首でこすり広げて
  首元に付けるこの一瞬のしぐさですww」

先輩A「ほっほー・・・たまらんなw」


んで

そーしてるうちに周りで話をするようになってきて

俺は女の子と1:1でお話し

福山雅治の大ファンだとかで。

俺がちょっと酔ってただけだけど
ま、酔っ払いの振りしてもいいだろうとおもって

俺「君をずっと幸せに~ 風にそっと歌うよ~ うぅー いぇぁ
   愛は~今ぁも 愛のぉままでぇ~」


ビブラート効かせて低い福山雅治に似せて歌ったところ
部屋の対角線にいた女子部員が
「すっごいいましびれたwwwww もっかい歌ってwww」


と言われたので
周りが歌う空気だったので
もっかいさびだけ歌って

一同「うはwwww似てるしうまいwwwww」

俺「ど、どもwww」



いつの間にか時計は2:00に
でもなかなかお開きになる雰囲気はなく
女の子も同じ部屋で寝るとのことw

もううはおkだろww
俺の横とかwww マジwwww うぇwwwww



Y君
「おれバスの中で寝れたの5分 ゲレンデで1時間 どうしよう」

俺「もう、諦めて騒げ あした斜面で寝ようぜw」

と言っていたけど結局ほぼ徹夜www


28日


朝になって
顔あらって髪の毛なんとかして

食堂へ

また視線を受けたけど
さすがに睡眠時間1時間な俺はそれにこたえる元気はまだなく
食ったら部屋いってチョイ寝。

そして9:00頃に
むくっと起きて
ウェアーを着て
Y君と滑走!wwwwwwww


ゲレンデに着いて

俺「しまったあああああああああああああああああああああ」


Y君「?」


俺「サポーターはき忘れたwww ケツクッション無いwww」


Y君「wwwwww」


俺「くっそー ポラギノール@で買いに行くしかないなw」

Y君「そだねwwww」

で初日は中級コースだったので
2日目は初心者コースへ。
全然進まないから大変だったw

とりあえず
いい感じの場所をみつけたので
そこで人の迷惑にならないようにターンの練習をしまくる
思いっきり転びまくる
それでも続ける

Y君「もーすこしなんだけどなー」

俺「俺もだ・・・俺ちょっとイメトレしてから滑る さき行ってて」

Y君「わかったー」

俺「・・・・。」

Y君 ズッサーーーーーーーゴロゴロ・・・


俺「・・・。」

Y君 ズッサーーーーーーーゴロゴロ・・・


俺「・・・!?」

Y君 ズッサーーーーーゴロゴロ・・・

俺「Y君! ちょい見てて!」


Y君「? うん」

俺 ズッサーー・・・・サー・・・・サー・・・
     サー・・・サー・・・ ズササッ!


俺「ほれ!ターンできたべwww」

Y君「ちょw 教えろwwww」

俺「こーやって無理やり体を・・・」

と教えること15分
なんとかY君もできるようになって
そろそろ時間なのでコースを変更して集合場所へ

そして解散
その日は女の子助けたりはしませんでしたw



着替えて
食事。

また視線を食らったが いい加減慣れたので
笑い話を先輩やタメとして
また証拠にもなく酒を買いに行き
25本買って 飲みあかしました
ワインを1本開けた女の子がおりまして
その子の彼氏さんが押さえつけるのに苦労してて

だれか助けてーと行ってたので
助けに入ったところ


酔った女の子にズボン脱がされましたw



そしてなんとか寝かしつけたあと

再度飲み会の部屋へwww

女の子3人のうち1人は酔い潰れ
一人は押入れでドラえもんやってて
もう一人は俺の隣で飲んでるwww



プリンを買ってきたやつがいて

(あだ名)いちごちゃん


男子A「 んー・・・ 」

俺「?」

そこには手に持つ方を口にくわえた男が一人

食べに行く側がにやけたらいけないというルールになり
おれはこういうの得意だからすんなりいったんだが
それだと面白みがないので

俺の番になり

俺「お前も絶対に笑うなよ?」

咥えた男子A「ええよええよw おれ自信あるもんw」

俺「ぜってえだな・・・いくぞ・・・」

と言いながら


耳と顎に手を添えて
目を見ながらプリンを食べて
最後にウィンクをした俺

男子A「wwwむwwwwりwwwwだwwwwww」


俺「ふ・・・ 俺はもう攻めしかしない できないwwww」

男子B「んじゃ次いちごちゃんに咥えてもらうということでw」

男子A「女相手かあああwwww これおれ絶対ニヤケるw」

俺「・・・」


男子B「お、アセロラも苦手か?w」


俺「ふ・・・馬鹿言え。俺に出来ないことはない・・・」


と言いながら

プリン咥えてるいちごちゃんに近寄り

耳と顎に手を添えて
プリンと同時に唇を軽く奪って

俺「うん・・・おいしいよいちごちゃん。」

と一言

周り爆笑と拍手でうまるなか
顔真っ赤ないちごちゃんwww

俺はというとまったく素の顔していちごちゃんにもたれかかる
俺「嫌だった?」

いちごちゃん「んーん そっ、んなことないw」

俺「そっかw よかったw ごめんねーw」

と盛り上がったところでみんな眠くなってきたらしく
さすがに寝れないとのことで自室へ
でも俺は今いるのが自室で
一人で起きてるのがあれだったので
ちょっとふざけてみt


俺「いちごちゃん、一緒に寝てくれない?」


俺(ま、酒はいってるから断られても
       明日ゆるしてくれるだろう)


いちご「えへw いいよーw」


俺「!?」

キターww


そのあと二人だけで2時間しゃべりつくし
先にイチゴちゃんつぶれそうだったので
膝枕してあげて
頭を10分ほど撫でたところで本寝に入ったので
腕枕してあげて一緒に寝ましたw



29日

今日も滑ってもよかったんだが
追加料金が合計6000円近くかかるとのことで
そんなに金だしてすべってられっか ってことで
レンタル組と お疲れ組みは
朝食を食べたのちに町をぶらつくことに。

合宿先は 誰もが知ってる 白馬八方なんで
ま、知ってる人はなんにもない町ってわかるでしょう・・・w
本当に何にもなくてねw
そば食ってボロ旅館にもどり
トランプで大富豪して時間つぶし

ここでも視線が気になったけど
ま、しゃべりかけてこない以上 こっちから話しかけるわけにもいかないし
好意の目かどうかもじっくり見れないし 黙ってたw


で、出発の時間が迫り荷物を運ぶ
そしてなんとかバスに乗り込み
会話をできるメンバーで集まり話を弾ませながらの帰路。


先日のプリンの下りを知らない人に話すと
いちごちゃん顔真っ赤wwww

いちごちゃん「もー!それ以上いっちゃだめ!
         わたしが恥ずかしい!!!」

周り男子   ニヤニヤ


俺「んまぁ、いろんな意味で おいしかったよw」

事情を知る男子「あっはっはっはっはっはwwwwww」

先輩A「アセロラ君やるなぁwww 風俗とか行ってる?」

俺「いえw 行ったことないっすw 僕こう見えてオタクなんでw」

先輩B「あんがいこのサークルオタク多いでwww」

俺「あー、言われてみればエヴァの話で盛り上がったりできる人もいますねw」

いちごちゃん「ふぅ・・・」


俺「そういえば昨日のぷりん いちご味だったなぁwww」


事情を知る男子「wwwww そういえばいちご味だなww
                      出たなwwwww」

いちごちゃん「もぉーっっ! せっかく話題それたのにぃ!w」


先日の飲み会でどM宣言してたいちごちゃんは満面の笑みでした。


もう爆笑したw
やっぱMっ娘はおもしろいわぁw


道中なんどかパーキングにより
コンビニで会う男子からは
「お前なかなかおもしろいやつだなw」
とか
「お前名言残しまくってるなww」
とか
「マジかっこいい声してんなー 惚れるw」
とか言われたw
コンビニでも視線が気になったけど
もう無視したw



無事大学へ着き
駅で降りる組みと別れて
大学であったら声掛けてねーw と言い合って別れ

アパートへ戻り
晩飯まだだったのでコンビニで購入し
食べ
PC起動して寝たのが
この更新をしている24時間前ですw


あー 長かったw


とりあえず
今年最後の更新になるだろうから
年末のことも適当だけど書いて
寝るwww


えー

なんだかんだで更新が絶え絶えになり
クリスマスには動画が間に合わず企画倒れで終わってしまったので
来年こそいろいろな方向で頑張っていこうと思います
それと
時間の作れる人間になろうかなw

じゃ

現在時刻は 朝5:54

もう寝る時間なんてねーよwwww

でも
おやすみwww
☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ



PS
あれだ
たぶんクリスマスって単語を日本中のだれよりも遅くに出した気がする
それから
ズボンを脱がしてきた女性ですが
翌日の朝に謝罪してきたので
俺「いやいやw 彼氏いなかったらおしかったw」
と一言 言いましたw
酒が抜けてない・・・は無理だなw 朝だしwwwww
まいいわwww




コメントの返事
みんな放置しててごめーんねw



部活動なら許せるが
部活動外はゆるさんぜよ!w
だって ぶっちゃけジャージで女の子落とせる気がしないもんwwwww
あ、違ったか(ぇ
<<宮本




あぁうん 勝ち組勝ち組(苦笑)
果てなかったwwwwww
女いつか泣くぞwww自分に魅力ないと思われるwww
ハグかぁ
おれは覆いかぶさって 胸→鎖骨あたり→首→耳 となめてく感じが
たまらないな・・・ぐへへw
<<ターサ




あれは 柔軟剤だよw
ふんわりレノアってやつw 知ってるっしょw
あれがあるのとないのだと
タオルの柔らかさが全然違うw
あれがないとへたすりゃ人殴れる硬さで干しあがるからねw
<<ふれにぃ



え、マ、マジでか・・・
毎日来てもらってるのに更新全然しなくってすまぬぅ~
来年の目標の中に週3回は更新するってことにしようかなーw
月 水 金 って感じでwww
更新頑張るねw
それから ただいまw
またメイプルで会おうw
メール まってるでぇ☆
<<ココ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
さて

前回の更新からなかなか日数がたってるけども
とりあえず

みんなお待ちかね
クリスマス イブと クリスマス当日

俺がどこで何をしていたか気になるだろう?w


まずそのまえに23日に俺の携帯電話に届いたメールのうち
クリスマスのお誘いともみえたメールの件数


9件wwwwwwwうはwwwwおkwwww



そのうちの女性からの単独お誘いメール件数



5件wwwwwwうはwwwおkwwww



で、俺からのメール


「わりぃ、おれ仕事入ってんねん^^;」


ぐふふ

みんなごめんねw
嘘じゃないからw




24日の朝。



朝7時に起きなければならないのに朝6時まで女友達とメールしてた馬鹿です(笑)


朝7時
前日のうちから仕込みをしていたケーキの土台を冷蔵庫から取り出し、
ショートケーキを作りますw

画像がないんでねー

文章で想像してくれ



スポンジから作ってもよかったんだけど
それだとなかなか時間かかるし
しっぱいするとパサッとしちゃって
生クリームのノリがわるくなるんで
市販のやつを買ってきます

でも
市販のスポンジは
卑怯なことに薄いつくりになってるんだよ
そこに生クリームやフルーツのせると
スポンジが水分負けしちゃって
でろっとした食感になるんで
それを合計4つ購入しました(ネットで)




作り方としえ

底の浅い調理用ボールありますよね?
底の大きさに合わせてスポンジを切り
生クリームを敷きつめ
フルーツを乗せならべ、またクリームを敷き
スポンジを乗せる
これの繰り返しをしてボールがすり切りいっぱいにまでなったら
これをうまい具合にひっくり返して
ボールをとります
するとどうだろうか

ドーム状の横しまサンドができるじゃないかw

そいつに


「手で」あわだてた生クリームをきれいに塗り
たてしまを付け

へたを取ったイチゴを半分に切り
デコレーションをして
均等な大きさに切り


20091224クリスマスケーキ


ほい完成。


ね、簡単でしょ?w


んで
これを車に積んで

いとこの家へ。


いとこの家に着き

おばーちゃんと年より臭いはなしを
俺が主になって盛り上げて←ここ重要
小2時間ほど話込んで
中学3年生のいとこがどこかから帰宅し

いとこ:ガサゴソガサゴ・・・


俺「何してん?」


いとこ「んー・・・PSP探してる・・・



俺「ほぉ、なくしたん?」


いとこ「いや、たぶん・・・



たぶん、おばあちゃんが隠した」




俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



いとこ「たぶんゲームばっかりやってたからかなw
     ま、いつものことで。」




俺「いっしょに探したらぁw」


と小1時間さがして 見つからず・・・

ここで

母親「そろそろ帰らないとご飯つくれないー」


と言われたので
あきらめて帰宅。


で家について
ご飯つくれないー とか言ってたから母親つくるものだとおもってたら

親父を忘年会に車で送らねばならないとか・・・

俺が送ろうか?とか言ったけど
場所がわからん上に入り組んでるからご飯作っててくれと・・・




さっき自分で作るゆーたのに信じられへんな!w


ま、きらめて

この日はカニ鍋を作り
クリスマスイブなのにケーキしかない
チキンもなんにもないイブの晩でしたw



翌日
25日 クリスマス当日



ターサ→俺 へのメール
「さて、クリスマスなわけだが・・・暇?」


俺→ターサ
「俺明日からスノボーサークルで合宿に行くから
それに必要なものの買い物にいかなあかんで暇ちゃうわー」

そうです

26日から合宿行ってきたんですけど
それはまた@の話で。


というわけで

25日はジャスコにて
手袋や帽子やネックなどの滑るのに必要なものや
お酒とかお菓子とか



おもに夜必要なものとか



買ってまいりまして

この日クリスマス的なチキンを食べましたw

そして夜にはアパートに戻り
アパートで寝ましたw



翌日26日



スノボーの合宿には
大学にPM.11:00 に集合して バスで出発





この日俺の起床時間


AM.9:00



おいおい、どんだけいい子なんだよ


そして俺に何をしていろと言うんだよ(笑)


とりあえずドラム缶のような
ばかでかい鞄に

ウェアーや着替えなどの必要最低限の物から

酒 菓子 本 ゲーム などの不必要すぎて笑えるものまで持って
時計を見る

PM.1:00

何をしよう・・・



とりあえずWiiを起動してマリオカートをする


俺「・・・CP超弱い・・・これで強いの設定なのか。
                任天堂なめとるだろ」

それでも走る俺。


俺「・・・」

・・・

・・・

・・・


・・・ッハ!!


ゲシュタルト崩壊起こしそうになったよ マジでw


そうしてるうちに夕方になり
PCでネトゲやってたら

一緒に合宿に行く友達からメール


Y君
「いまからそっちのアパート行っていい?
 一人だとたぶん寝ちゃうよこれ。   」


俺「おk かもん!w」


でY君とテレビみて
時間なったから大学へ行き
バスに乗り出発!

バスは大型バス1台で済んだけど
よく見ると補助席に4人ほど・・・
窮屈やねー

「 滑る前から痔になってまうでww 」

とか言ってる先輩もいたなぁ・・・w
後輩に席ゆずるとかどんだけいい人やー?とか思ったよ



Y君と隣になって座って
はじめ1時間くらい一人でおれはしゃべってたけど
Y君
「そろそろ寝るべきじゃね?まわりだいぶ静かなってきた」

俺「せやなwじゃーねるかw」


で俺は3分もしないくらいで寝れて

ちょっとした休憩所に到着し
トイレ休憩や飲み物食べ物の補給をして
出発

俺「Y君ねれた?w」

Y君「一睡もできなかった・・・次こそ寝る・・・」


とか言うのを3回くらい続けて




27日 スキー場到着



朝 5:45

俺起きてPSPやり始める

周りもPSPやってる

ひと狩りしにいく

Y君起きてる

俺「おっはーw」

Y君「俺寝てない・・・」

俺「・・・お、おっはーw」


Y君「おやすみ」


AM.7:00

運転手

 それでは今から荷物の方を降ろしますので
 降ろしましたら旅館まで持っていってください
                       」

道が細く、入り組んでて
バス入れないんだとさw

しゃーないから持って行き
どんな旅館かちょっと期待してたら

こじんまり そしてボロッ・・・

ま、値段も値段だ 我慢しよう


部長
「とりあえず仮だけど
 このメンバーで部屋わりねw
 いちおう貸切だから どの部屋いってもいいけど
 女の子を襲うとかそういうのは無しねw」

部員一同「ぃーっす!」


部長「んじゃ 解散! 9:00にロビーにきてね!w」



俺の部屋は
3人で寝る部屋に9人押し込まれて

俺「ま、これは仮のメンバーだし
  どっか部屋あいてるだろうから散り散りになるだろうて。
 
  でもなんか 滑るとき誰がどこにいるかとかを
  把握しなきゃいけないらしいから
  とりあえずメアド交換だけしましょ。」

と軽く仕切って交換し
みんな1年ということで仲よしこよしにw

そして

9:00
ウェアーに着替え
準備万端でロビーへ

俺はスキーは一式もってるけど
ボードは初挑戦だったので
とりあえずレンタル。

靴と板を借りて
スタコラサッサとあるくこと軽く10分www

滑る前に疲れちゃうwww

やっとの思いでゲレンデ↓へ到着。


部長
「んじゃ、リフト券貰ったら解散ね!午後4時にはここにくること!
 ナイターやる人はまたあとで話する! んじゃ! みんな頑張って!
  初心者も、見よう見まねで頑張って!いけるいける!w」

俺「これくいらいフリーダムだとやっぱやっていける気がするよな(笑)」

でゴンドラに乗り山の中腹へ。

はじめは板を付けて

ま、スキー十数年やってんだ できるだろう

とか思って立ってみたら



2秒で転倒



俺「!?」

Y君も1秒前後で転倒

Y君「!?」


俺「スキーと全然違うぞww ちょっとイメトレしよう!w」


周りを観察して 悩むこと5分


俺「おk もう滑れるw」


そして宣言通り

ズ、ズサ、ズサササーーーーーーーーーーーー


俺「ほれ!ゆったみ!w」


Y君「んじゃ俺も!」


ズ、ズサーーーーザッザザッゴロゴロ…

俺「wwwwwwwwwwwwww」

Y君「くっそー」


俺「慣れるまで頑張ろうぜw」


と、いい 一緒にさーさー滑り

なんとか形になったところで昼飯。

昼飯なのに
俺「ケツ痛ってぇwwwサポーターなかったら痔になるwww」
Y君「だねwww」
と会話をして

その後も滑り
眠気が限界に来ていたので

1時間ほど昼寝。

そして再度滑りに滑って

集合時間の4時

しっかり集合して

部長
「みんないるねー?」

部員一同「ぅぃーっす」

部長「とりあえずグループの人だけ確認して、メンバーそろったところから各自旅館もどってー」


部員一同「ぅぃーっす」





俺のところはちゃんといたので
即帰。

帰宅途中
一緒にいた部員の女の子1年生が
車にひかれそうだったので
肩を手に取り

俺「轢かれるよ?」

と、言いながら道の隅へ。

女子部員「あ、ありがとうございます」

その後も
「車後ろから来てる」

とかなんとか何回か言った気がするw

そして着替えて
期待とは裏腹すぎる晩飯

これは@でコンビニ行かねばな と心の中で呟いて完食。

飯食ってる最中に女子部員からチラチラと視線をうけたが
たぶん帰り道で助けたことが相当部屋でネタとして盛り上がったのか
5人くらいがずっとチラ見してきたが
総スルーした つもりw
食堂でるときに
女子部員に「あの、何て名前です?」と聞かれたので
俺「アセロラです」と答えたら
女子部員「あぁ、あなたが・・・wそっ♪ひきとめてごめんねw」

俺「いえいえ・・・?」

ま、気にせずに

部屋へ戻り
厚着をして コンビニへ
菓子と飲み物 お酒も買えたので 購入して
旅館へ。

変えるとお風呂に入りに行くところの女の子に話しかけられて


女子部員A「あ、噂のアセロラ君じゃないw コンビニいってたの?」

俺「?? あー、酒もあるからつまみもいると思ってねw」

女子部員A「お酒あるの!?いいなー・・・」

俺「飲みに来る?あざみ って部屋にいるから
           適当な時間においでんw」



軽く そしてうまい感じに誘い

俺もお風呂へ
大浴場はちょうどすいていたので
ちょっくら泳いで帰ってきたwww

なかなかお風呂の温度が熱かったのか
みんなそそくさと出ていくw
俺は実家では 常に42度の温度の湯なので
どってことなく20分浸かって
あざみ部屋へ。

狭い部屋に男9人なので それなりのにおいがしたけども
みんな風呂上りだからなんとかなって

さっきの女子部員Aが部屋へ

女子部員A「あ、ねぇねぇお酒あるんだよね?」

俺「あるけども
  ぶっちゃけ俺一人でのんで寝るつもりだったから
   そんなに量はないよ?」
と言いながらビンを2本。

それを見たルームメイトは
「酒買いに行くかああああああああああああああああwwwwwwwwwww」


俺「お、せやなw 買いに行くか!w」




酒缶 16本買ってきまして

女の子も1人増え
先輩も3人増えて
合計14人で3人部屋を使い
飲みに飲んで
盛り上がり
自己紹介後にそうとうはしゃぎました
自己紹介は
名前と学年と学部と
好きな異性のタイプと好きなAV女優の名前を言うこと。


ん?
え、AV女優かw



たくさん知ってるけど黙っていようかなwww

先輩A「わからんかったら好きなタイプでもいいよ」

俺「え、それだと異性とのやつとかぶりませんか?」

あ、まさか・・・・

先輩A「いやいや、プレイとか 動画ジャンルとかあるでしょw」

俺「あー・・・それはそれは なかなかいいところ突きますねwww」

先輩A「んじゃー アセロラ君 どうぞーw」

俺「んー・・・そうですねぇ・・・」

先輩B「ついでに好きな有名人 芸能人もよろw」

先輩A「お、いいねw んじゃアセロラ君から追加ね!w」

俺「はいw んじゃぁ まずジャンルから・・・」

周りシーン・・・

俺「ジャンルとしては 素人 ですかねw
  親近感持てるってのもあるんですけど
  8割9割が愛情をもった者同士でしてるじゃないですか
  そこにしびれる憧れるっすねw」


先輩C「おおw ジョジョwww ちょっといい酒のめそうじゃーん?w」

先輩B「芸能人 有名人は?」

俺「そーですねー 僕、お天気おねーさん大好きなんですよ」


一同「うぃーwww」


先輩A「だれが好き?w」

俺「二人いるんですけど
  一人はみなさんご存じの愛ちゃんですねw
  彼女はもう マジで天使っすよwww
  もう一人は 根元って言って
  みのもんた の朝の番組で天気やってる人です」

先輩B「愛ちゃんはわかるけど 根元ってどんなん?」

俺「んーと・・・」

先輩A「まぁまて、俺がいまからググってやるw」
とアイフォンでググって画像がでる

一同「ほぉ・・・これはなかなか」等々。




他の1年も2年も3年も女子も自己紹介が終わったところで
定番
この部屋の中で彼氏にするなら?を女子部員にぶつける

これは流れちゃったけど
部分的なタイプとかでは俺が入ってて
心の中では「ま、当然かな」とか思ってたけど
口では「なんかもう 恐縮ですw」とか言ってたw

で、トイレとかで席とか立ったりしてて
いつの間にか席がかわってたりして
次に異性のぐっとくるしぐさに話題が移り

髪の毛を掻き上げるとか
よくあることをみんながいう中で



俺「そーですねー・・・
  香水とかを付けるしぐさですかねー」

一部男子「うはwwwわかるそれwwww」


先輩A「え、それってどんなしぐさ?」

俺「こう・・・・
  手首につけて 両手首でこすり広げて
  首元に付けるこの一瞬のしぐさですww」

先輩A「ほっほー・・・たまらんなw」


んで

そーしてるうちに周りで話をするようになってきて

俺は女の子と1:1でお話し

福山雅治の大ファンだとかで。

俺がちょっと酔ってただけだけど
ま、酔っ払いの振りしてもいいだろうとおもって

俺「君をずっと幸せに~ 風にそっと歌うよ~ うぅー いぇぁ
   愛は~今ぁも 愛のぉままでぇ~」


ビブラート効かせて低い福山雅治に似せて歌ったところ
部屋の対角線にいた女子部員が
「すっごいいましびれたwwwww もっかい歌ってwww」


と言われたので
周りが歌う空気だったので
もっかいさびだけ歌って

一同「うはwwww似てるしうまいwwwww」

俺「ど、どもwww」



いつの間にか時計は2:00に
でもなかなかお開きになる雰囲気はなく
女の子も同じ部屋で寝るとのことw

もううはおkだろww
俺の横とかwww マジwwww うぇwwwww



Y君
「おれバスの中で寝れたの5分 ゲレンデで1時間 どうしよう」

俺「もう、諦めて騒げ あした斜面で寝ようぜw」

と言っていたけど結局ほぼ徹夜www


28日


朝になって
顔あらって髪の毛なんとかして

食堂へ

また視線を受けたけど
さすがに睡眠時間1時間な俺はそれにこたえる元気はまだなく
食ったら部屋いってチョイ寝。

そして9:00頃に
むくっと起きて
ウェアーを着て
Y君と滑走!wwwwwwww


ゲレンデに着いて

俺「しまったあああああああああああああああああああああ」


Y君「?」


俺「サポーターはき忘れたwww ケツクッション無いwww」


Y君「wwwwww」


俺「くっそー ポラギノール@で買いに行くしかないなw」

Y君「そだねwwww」

で初日は中級コースだったので
2日目は初心者コースへ。
全然進まないから大変だったw

とりあえず
いい感じの場所をみつけたので
そこで人の迷惑にならないようにターンの練習をしまくる
思いっきり転びまくる
それでも続ける

Y君「もーすこしなんだけどなー」

俺「俺もだ・・・俺ちょっとイメトレしてから滑る さき行ってて」

Y君「わかったー」

俺「・・・・。」

Y君 ズッサーーーーーーーゴロゴロ・・・


俺「・・・。」

Y君 ズッサーーーーーーーゴロゴロ・・・


俺「・・・!?」

Y君 ズッサーーーーーゴロゴロ・・・

俺「Y君! ちょい見てて!」


Y君「? うん」

俺 ズッサーー・・・・サー・・・・サー・・・
     サー・・・サー・・・ ズササッ!


俺「ほれ!ターンできたべwww」

Y君「ちょw 教えろwwww」

俺「こーやって無理やり体を・・・」

と教えること15分
なんとかY君もできるようになって
そろそろ時間なのでコースを変更して集合場所へ

そして解散
その日は女の子助けたりはしませんでしたw



着替えて
食事。

また視線を食らったが いい加減慣れたので
笑い話を先輩やタメとして
また証拠にもなく酒を買いに行き
25本買って 飲みあかしました
ワインを1本開けた女の子がおりまして
その子の彼氏さんが押さえつけるのに苦労してて

だれか助けてーと行ってたので
助けに入ったところ


酔った女の子にズボン脱がされましたw



そしてなんとか寝かしつけたあと

再度飲み会の部屋へwww

女の子3人のうち1人は酔い潰れ
一人は押入れでドラえもんやってて
もう一人は俺の隣で飲んでるwww



プリンを買ってきたやつがいて

(あだ名)いちごちゃん


男子A「 んー・・・ 」

俺「?」

そこには手に持つ方を口にくわえた男が一人

食べに行く側がにやけたらいけないというルールになり
おれはこういうの得意だからすんなりいったんだが
それだと面白みがないので

俺の番になり

俺「お前も絶対に笑うなよ?」

咥えた男子A「ええよええよw おれ自信あるもんw」

俺「ぜってえだな・・・いくぞ・・・」

と言いながら


耳と顎に手を添えて
目を見ながらプリンを食べて
最後にウィンクをした俺

男子A「wwwむwwwwりwwwwだwwwwww」


俺「ふ・・・ 俺はもう攻めしかしない できないwwww」

男子B「んじゃ次いちごちゃんに咥えてもらうということでw」

男子A「女相手かあああwwww これおれ絶対ニヤケるw」

俺「・・・」


男子B「お、アセロラも苦手か?w」


俺「ふ・・・馬鹿言え。俺に出来ないことはない・・・」


と言いながら

プリン咥えてるいちごちゃんに近寄り

耳と顎に手を添えて
プリンと同時に唇を軽く奪って

俺「うん・・・おいしいよいちごちゃん。」

と一言

周り爆笑と拍手でうまるなか
顔真っ赤ないちごちゃんwww

俺はというとまったく素の顔していちごちゃんにもたれかかる
俺「嫌だった?」

いちごちゃん「んーん そっ、んなことないw」

俺「そっかw よかったw ごめんねーw」

と盛り上がったところでみんな眠くなってきたらしく
さすがに寝れないとのことで自室へ
でも俺は今いるのが自室で
一人で起きてるのがあれだったので
ちょっとふざけてみt


俺「いちごちゃん、一緒に寝てくれない?」


俺(ま、酒はいってるから断られても
       明日ゆるしてくれるだろう)


いちご「えへw いいよーw」


俺「!?」

キターww


そのあと二人だけで2時間しゃべりつくし
先にイチゴちゃんつぶれそうだったので
膝枕してあげて
頭を10分ほど撫でたところで本寝に入ったので
腕枕してあげて一緒に寝ましたw



29日

今日も滑ってもよかったんだが
追加料金が合計6000円近くかかるとのことで
そんなに金だしてすべってられっか ってことで
レンタル組と お疲れ組みは
朝食を食べたのちに町をぶらつくことに。

合宿先は 誰もが知ってる 白馬八方なんで
ま、知ってる人はなんにもない町ってわかるでしょう・・・w
本当に何にもなくてねw
そば食ってボロ旅館にもどり
トランプで大富豪して時間つぶし

ここでも視線が気になったけど
ま、しゃべりかけてこない以上 こっちから話しかけるわけにもいかないし
好意の目かどうかもじっくり見れないし 黙ってたw


で、出発の時間が迫り荷物を運ぶ
そしてなんとかバスに乗り込み
会話をできるメンバーで集まり話を弾ませながらの帰路。


先日のプリンの下りを知らない人に話すと
いちごちゃん顔真っ赤wwww

いちごちゃん「もー!それ以上いっちゃだめ!
         わたしが恥ずかしい!!!」

周り男子   ニヤニヤ


俺「んまぁ、いろんな意味で おいしかったよw」

事情を知る男子「あっはっはっはっはっはwwwwww」

先輩A「アセロラ君やるなぁwww 風俗とか行ってる?」

俺「いえw 行ったことないっすw 僕こう見えてオタクなんでw」

先輩B「あんがいこのサークルオタク多いでwww」

俺「あー、言われてみればエヴァの話で盛り上がったりできる人もいますねw」

いちごちゃん「ふぅ・・・」


俺「そういえば昨日のぷりん いちご味だったなぁwww」


事情を知る男子「wwwww そういえばいちご味だなww
                      出たなwwwww」

いちごちゃん「もぉーっっ! せっかく話題それたのにぃ!w」


先日の飲み会でどM宣言してたいちごちゃんは満面の笑みでした。


もう爆笑したw
やっぱMっ娘はおもしろいわぁw


道中なんどかパーキングにより
コンビニで会う男子からは
「お前なかなかおもしろいやつだなw」
とか
「お前名言残しまくってるなww」
とか
「マジかっこいい声してんなー 惚れるw」
とか言われたw
コンビニでも視線が気になったけど
もう無視したw



無事大学へ着き
駅で降りる組みと別れて
大学であったら声掛けてねーw と言い合って別れ

アパートへ戻り
晩飯まだだったのでコンビニで購入し
食べ
PC起動して寝たのが
この更新をしている24時間前ですw


あー 長かったw


とりあえず
今年最後の更新になるだろうから
年末のことも適当だけど書いて
寝るwww


えー

なんだかんだで更新が絶え絶えになり
クリスマスには動画が間に合わず企画倒れで終わってしまったので
来年こそいろいろな方向で頑張っていこうと思います
それと
時間の作れる人間になろうかなw

じゃ

現在時刻は 朝5:54

もう寝る時間なんてねーよwwww

でも
おやすみwww
☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ



PS
あれだ
たぶんクリスマスって単語を日本中のだれよりも遅くに出した気がする
それから
ズボンを脱がしてきた女性ですが
翌日の朝に謝罪してきたので
俺「いやいやw 彼氏いなかったらおしかったw」
と一言 言いましたw
酒が抜けてない・・・は無理だなw 朝だしwwwww
まいいわwww




コメントの返事
みんな放置しててごめーんねw



部活動なら許せるが
部活動外はゆるさんぜよ!w
だって ぶっちゃけジャージで女の子落とせる気がしないもんwwwww
あ、違ったか(ぇ
<<宮本




あぁうん 勝ち組勝ち組(苦笑)
果てなかったwwwwww
女いつか泣くぞwww自分に魅力ないと思われるwww
ハグかぁ
おれは覆いかぶさって 胸→鎖骨あたり→首→耳 となめてく感じが
たまらないな・・・ぐへへw
<<ターサ




あれは 柔軟剤だよw
ふんわりレノアってやつw 知ってるっしょw
あれがあるのとないのだと
タオルの柔らかさが全然違うw
あれがないとへたすりゃ人殴れる硬さで干しあがるからねw
<<ふれにぃ



え、マ、マジでか・・・
毎日来てもらってるのに更新全然しなくってすまぬぅ~
来年の目標の中に週3回は更新するってことにしようかなーw
月 水 金 って感じでwww
更新頑張るねw
それから ただいまw
またメイプルで会おうw
メール まってるでぇ☆
<<ココ
スポンサーサイト

【2009/12/31 02:22】 | 日記
トラックバック(0) |

No title
ふれ
おばーちゃんなかなかやるな(・∀・)
てかアセロリはやっぱりもてるな(・∀・)

No title
タサ
なんというリア充・・・。

No title
スズカ
リア充すぎるぞおまwwwwwwwwww
大学満喫しすぎだろ((

Mっ娘は俺も好きだじぇ
Sなせいだろうけどねw

PSこの記事の更新時間が2時22分22秒
・・・予約投稿かなんかで狙ったね?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
おばーちゃんなかなかやるな(・∀・)
てかアセロリはやっぱりもてるな(・∀・)
2009/12/31(Thu) 12:29 | URL  | ふれ #-[ 編集]
No title
なんというリア充・・・。
2010/01/01(Fri) 11:52 | URL  | タサ #rqokuh8g[ 編集]
No title
リア充すぎるぞおまwwwwwwwwww
大学満喫しすぎだろ((

Mっ娘は俺も好きだじぇ
Sなせいだろうけどねw

PSこの記事の更新時間が2時22分22秒
・・・予約投稿かなんかで狙ったね?
2010/01/01(Fri) 12:11 | URL  | スズカ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。